タイトル画像

2014.02.20 夢にまで見た関西遠征(9)

2014.09.30(10:58) 566

しばらく阪急が続きますよ。


御影駅に戻って、西宮北口駅まで移動します。
そこから今津北線に乗り換え。この辺では最古参の3000系を撮ります。
本当は伊丹線に行って板幕が撮りたかったのですが、オギが行く直前に運用離脱したようで…。
仕方ないので甲東園で撮ります。

☆CSC_4517
最初は7000系。面トップだけど車体の色のおかげで目立たない。
目立たないと言って。

☆CSC_4520
次は3000系でした。神戸線などではスカートを履いて走っていましたが、そちらは全滅したようです。


次の電車で宝塚を目指します。
宝塚から山本駅に移動します。
駅から歩いて撮影地へ。

☆CSC_4521
宝塚線だとたぶん一番古い5100系。1971年デビューです。
最初は京都線にも投入されて、新製時から冷房装置があったこの形式は当時珍しかった冷房車として乗客に人気だったことでしょう。

☆CSC_4523
6000系です。前パン難しいです。。

☆CSC_4524
9000系です。宝塚線だと最優等列車は急行で、しかも川西能勢口駅から宝塚までは各駅に停まるのです。

☆1-CSC_4525
デビューしたばかりだった阪急新1000系です。ヘッドマーク付き。
通過するときの音が他形式に比べて明らかに静かだったのに驚きました。


1000系が撮れたので来た道を戻って駅まで移動します。
そこから十三まで乗って、京都線で南方へ。
南方から歩いて御堂筋線の西中島南方駅に入ります。

☆1-CSC_4527
影がちょっとアレですが、10系です。
10系は1970年代に登場。大阪市営地下鉄では初の新製冷房車として登場しました。
近年は前面をブラックフェイスにしたり、編成によってはVVVFインバータに換装したりして更新が成されています。

☆1-CSC_4529
続いても10系ですが、こちらはチョッパ車。しかも編成中間にある広告がないのですっきりとした編成になっています。

☆CSC_4530
被られちゃいましたが、30000系です。
2011年ころから長らく1編成のみで走っていましたが、ついに10系チョッパ車置き換え用に増備が始まりました。
谷町線の増備が一段落して、ようやくといったところでしょうか。
それにしても、この前面、スーパー戦隊シリーズのレッドみたいな顔してますね。

☆1-CSC_4533
10系の増備車として中央線の20系をベースに製造された21系です。
前面は大きく変更されていて、後の22系~25系のベースになりました。
この20系シリーズも更新が行われていて、しばらく活躍が続きそうです。

本町まで乗って、本町松屋で遅い昼食。
その後は一旦ホテルに戻って休憩することにしました。
疲れてたんだろうね(・_・)
スポンサーサイト

Express Society



旅行記 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
<<2014.02.20 夢にまで見た関西遠征(10) | ホームへ | 2014.02.20 夢にまで見た関西遠征(8)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する